慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

インターンシップ

インターンシップへの参加を考えている塾生の皆さんへ

日本では、インターンシップは「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」と定義されています。しかし実態は、実際に就業体験を伴う比較的中長期のものから、企業説明やグループワークなどを中心とする1日程度のプログラムまで、様々です。


インターンシップの構成や期間で、一概にその良し悪しを判断できるものではありません。また、インターンシップ参加が一般化しつつあるものの、誰にとっても参加必須というわけではありません。参加を検討する際には、実際の業務をできる限り経験したい、業界・企業への理解をより深めたい、社員の実際の働きぶりや雰囲気を肌で感じたいなど、皆さん自身が自分なりの目的をもつようにしましょう。



インターンシップへの応募手順

インターンシップは以下の3つのタイプに分かれます。
タイプによって応募の方法等が異なりますので、よく読み注意してください。


方式内容
I 自由応募型 大学を通さずに、個人で企業や団体に直接応募・参加するインターンシップ
II 大学経由型 大学を通して応募・参加するインターンシップ(官公庁、一部独立行政法人等のインターンシップのみ ※民間企業のインターンシップ取りまとめは行いません)
III 正課(授業)型 各学部・研究科が正課(授業)の一環として独自に実施するインターンシップ


I <自由応募型インターンシップ>

<自由応募型インターンシップ>とは、学生が自ら集めた情報を基に、大学を通さずに企業や団体に直接応募し、各企業・団体での選考等を経て参加するインターンシップです。
現在、ほとんどのインターンシップがこのタイプになります。



応募方法

各自でインターシップ生募集情報を集め、直接企業や団体に応募してください。
インターシップ募集の情報は、各企業・団体のホームページ、就職情報会社のホームページ、各キャンパスの掲示板・ホームページ等にあります。

大学に届いている企業・団体等からのインターンシップ情報については、以下のリンク先から参照してください。(keio.jpの認証が必要です。)



保険について

万が一、実習先企業や団体等に損害を与えた場合に備え、民間の賠償責任保険(インターン先で他者の財物に与えた損害及び他者へ与えた傷害を賠償する保険)に加入することをお勧めします。
例)大学生協 「学生賠償責任保険」
例)慶應学術事業会「からだの保険(傷害定額)※個人賠償責任補償特約付」等


ただし、募集要項等に「企業側で保険は加入済み」といった記載がある場合は個人で賠償責任保険に加入する必要はありません。加入する保険が損害を補償出来るものかどうか等、不明な点は実習先に問い合わせてください。


大学の関与について

自由応募型インターンシップについては、応募のみならず、受入手続、保険加入、覚書・協定締結など、大学として原則一切関与しません。(東京都など一部の官公庁は除く。)


II <大学経由型インターンシップ>

<大学経由型インターンシップ>とは、学生が自ら集めた情報を基に、大学を経由して応募し、官公庁等での選考等を経て参加するインターンシップです。


インターンシップの実施期間が授業や試験などの学事日程に重なる場合、大学での取りまとめは行いません。
学生の学事日程はこちら


大学の取りまとめが必要なインターンシップは原則として窓口の一本化が求められます。授業内などで取り上げられた場合でも、必ず取扱部署の窓口にご相談ください。


取扱部署

キャンパス提出先(取扱部署)
三田 学生部 就職・進路支援担当
矢上 学生課 学生生活 (キャリア支援) 担当
湘南藤沢(※1) 学事担当 CDPオフィス
信濃町(※2) 学生課 学生生活担当
芝共立 学生課 就職担当
日吉(学部生) 日吉学生部 学生生活担当
日吉(大学院生) 日吉学生部 大学院担当

※1:看護医療学部1・2・4年生および大学院生も含まれます。ただし、保健師・看護師限定のインターンシップは看護医療学部事務室が取扱部署となります。

※2:看護医療学部3年生も含まれます。ただし、保健師・看護師限定のインターンシップは看護医療学部事務室が取扱部署となります。



応募方法

1.インターンシップ情報の収集

官公庁等でのインターンシップを希望する場合も、必ず各自で参加を希望する官公庁等のホームページ等からインターンシップ生募集の情報を集めてください。


なお、インターンシップ生募集の案内等が大学に届いている場合と届いていない場合があります。大学に届いている官公庁等からのインターンシップ情報については、以下のリンク先から確認してください。(keio.jpの認証が必要です。)




2.応募書類の準備・作成

応募にあたっては以下に従い準備をしてください。また、各官公庁ホームページ等の確認も怠らないでください。


(1)大学にインターンシップ募集の案内等が届いている場合
所属キャンパスのインターンシップ取扱部署の掲示板・ホームページ等で、応募時の注意事項、特記事項、提出書類作成見本等を掲載します。応募に際しては、必ず上記の掲示板・ホームページ等の内容を熟読の上、応募書類を作成してください。


大学への応募書類提出締切日(「学内締切日」)は厳守です。
※「学内締切日」は実施主体が設定する締切日(「実施主体締切日」)とは異なります。


(2)大学にインターンシップ募集の案内等が届いていない場合(「大学経由型インターンシップ情報」にない場合)
インターンシップの概要が分かる書類(内容、期間、応募期限などが記載されたウェブページの画面で可)を印刷して持参し、速やかに各キャンパスのインターンシップ取扱部署の窓口に相談してください(原則として「学内締切日」の2営業日前までに相談要)。相談後、担当者の指示に従い応募書類を作成し、「学内締切日」までに応募書類を提出してください。


※実施主体と大学との覚書・協定の内容、応募手続方法等によっては、当該インターンシップへの応募が認められない場合があります。


(1)(2)いずれも、「学内締切日」までに応募書類の提出ができない場合、応募することができません。



3.応募書類の提出

大学への応募書類の提出に際し、以下の(1)から(3)をよく読んで、間違いのないようにしてください。


(1)応募書類提出締切日(「学内締切日」)<重要>
塾生が大学に応募書類を提出する締切日(「学内締切日」)は、大学での書類作成・選考手続き等の関係上、大学が学生からの応募書類を取りまとめて実施主体に提出する締切日(「実施主体締切日」)より早い設定になるので、注意してください。

原則として「学内締切日」は「実施主体締切日」の9営業日前または7営業日前となります。


「学内締切日」は、応募に必要な書類・手続き、実施主体・期間等によって異なりますので、以下の表に従い、その期日までに自身で所属キャンパスの提出窓口へ応募書類を提出してください。
※応募書類提出の受付は、「学内締切日」当日の16:45までとなります。


応募に必要な書類・手続き、実施主体・期間等「学内締切日」
  • 中央省庁・神奈川県・横浜市以外
  • 応募書類のなかで学生個人に対する大学の推薦文を要する場合
  • 大学内での選考を要する場合
  • インターンシップ期間が5日間未満のもの
「団体締切日」の9営業日前
  • 中央省庁・神奈川県・横浜市(例年志望者が多数いることから事前準備が可能なため)
「団体締切日」の7営業日前

※特に推薦文や選考を必要とするものは、「学内締切日」を早める可能性があります。下記リンク先から必ず個別の「学内締切日」を確認してください。(keio.jpの認証が必要です。)



※「学内締切日」以降の応募は、一切認められません。


◎営業日の数え方
営業日は、土・日・祝祭日および慶應義塾の定める休日を除きます。
※授業・試験等が行われても、上記の休日は営業日としてカウントしません。
(例)「団体締切日」が25日(金)で、「学内締切日」が7営業日前の場合


月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
14: 15:学内締切日
7営業日前
16:
6営業日前
17:
5営業日前
18:
4営業日前
19: 20:
21:祝日
(授業あり)
22:
3営業日前
23:
2営業日前
24:
1営業日前
25:団体締切日 26: 27:

(2)提出窓口<重要>
応募書類は、所属キャンパスのインターンシップ取扱部署でのみ受付可能です。
※所属キャンパス以外に提出してしまった場合、応募は無効になります。

(3)応募の際の注意点<重要>

  • 学事日程と重複する官公庁等インターンシップへの応募は認めません。授業期間や試験期間に重なる日程のインターンシップには応募できません。
  • 参加期間が重複する官公庁等インターンシップへの重複応募は認めません。参加期間が重複する場合、どちらか一つのインターンシップを選んで応募してください。応募中の選考結果が出るまで、参加期間が重なる日程のインターンシップには応募できません。
  • 応募書類を提出以降、いかなる理由があろうとも一切の辞退を認めません
  • インターンシップ実施期間の全日に出席する必要がありますので、出席できなくなる可能性がある場合は応募しないでください。
  • 書類の形式に不備がある場合、書類の提出を認めません。掲示板等の注意事項を良く読み、誤り・不備のない書類を提出してください。
  • 本人以外による提出は認めません。(代理提出不可)

※派遣交換留学中の応募について:
派遣交換留学中の学生については事前に申請・承認を得た場合のみ、特例で郵送提出を認めます。応募書類の提出は原則として所属キャンパスでの窓口提出となります。


申請は、実施主体による実施概要の公表後、大学(所属キャンパスのインターンシップ取扱部署)にメール*で行ってください。その際、希望するインターンシップ先と帰国予定日も必ず記載してください。

*申請時メール送付先:
・三田キャンパスの学生はこちら
・日吉キャンパスの学生はこちら
・湘南藤沢キャンパスの学生はこちら
・矢上キャンパスの学生はこちら
・信濃町キャンパスの学生はこちら
・芝共立キャンパスの学生はこちら


郵送提出の締切日は、学内締切日と同じで「必着日」になります。よって、各国の郵便事情等を考慮しながら早めの提出を心がけてください。


なお、受入決定後には誓約書提出や保険加入といった窓口での手続きが必要となりますので帰国スケジュールに留意してください。



保険について

受入が決定した場合は、学生教育研究災害傷害保険「学研災付帯賠償責任保険」のBコース:「インターンシップ・教職資格活動等賠償責任保険(略称:学研災インターン賠)」に加入することになります。ただし、所属学部・学科によって上記に代わる保険にすでの加入済みの場合にはその限りではありません。
受入決定後の手続きの際に所属キャンパスの上記提出先(取扱部署)に問い合わせてください。



III <授業(正課)型インターンシップ>

<授業(正課)型インターンシップ>とは、自分の所属する学部・研究科が授業の一環としてインターンシップを行うもので、当該学部・研究科から単位認定等を受けることができるインターンシップです。
<授業(正課)型インターンシップ>については、所属するそれぞれの学部・研究科の履修案内等をご覧ください。