慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

フランス短期研修による産学共同・国際人育成プログラム

一週間フランスのアルザス地方の中心都市ストラスブールを拠点とし、EU関連の国際機関、在仏日系企業、ストラスブール大学との交流をする短期研修プログラムで、2014年度から実施しています。商学部でフランス語を学ぶ学部生(主に1・2年生を対象)から希望者を募り、5~10名程度を選抜しています。単なる語学研修ではなく、国際機関や在仏日系企業との連携、大学との学術・教育交流を三つの柱として、3・4年次のフランス交換留学をめざす学生、卒業後に世界を舞台に働くことを考えている学生のためのスタート・アップとして、社会に開けた国際的なリーダーシップをとることのできる人材の育成を目指しています。

 2018年度は、欧州連合議会・欧州評議会の訪問、リコー、三菱重工などアルザス地方に支社・工場を置く日系企業の訪問、ストラスブール大学での国際政治に関する特別授業、フランス人学生との交流、ドイツ・フライブルク市の環境保護地区の見学、ナチス・ドイツの強制収容所の見学、さらにアルザスの歴史や文化に関するフランス語による講演の聴講などを行ないました。

2019年度フランス短期研修(2020年3月実施)について

研修日程|2020年3月上旬(予定)
研修施設|フランス欧州アルザス日本学研究所(CEEJA)・ストラスブール大学ほか
応募条件|商学部フランス語履修者
募集人数|5名程度(専任教員の引率がつきます。応募者多数の場合は選抜を行います)
参加費用|自己負担額25万円程度+商学部より補助が出ます



2019年度春季フランス短期研修説明会
日時 2019年10月25日(金)、10月30日(水)昼休み(いずれも同内容です)
場所 慶應義塾大学(日吉)第4校舎独立館地下1階DB105教室


申し込みは以下のリンクから(11月11日(月)23:59締切)

 春季フランス短期研修申し込みフォーム


2018年度フランス短期研修について【報告】

2018年度は以下の日程でフランス短期研修を実施しました。

2018年

5月 第一回説明会兼前年度研修報告会
10月 第二回・第三回説明会を実施・募集開始
11月 書類および面接での選抜試験を実施し参加者を選抜
12月 第一回事前研修(日吉キャンパス)

2019年

2月 第二回事前研修(在日フランス商工会議所特別講演・トヨタ自動車訪問)  
  第三回事前研修(国際交流基金訪問、元NECフランス社長・塾員の吉田譲氏講演会を実施)


3月3日  羽田空港より出発
3月4日  フランス到着、アンドレ・クラインCEEJA名誉所長講演(仏語)、ウェルカム・ディナー(コルマール)
3月5日  ストラスブール大学日本語学科授業、ストラスブール大学経済学部特別講義、ストラスブール大学学生らと夕食
3月6日  欧州評議会見学、リコー社・BPJ社見学見学(コルマール)
3月7日  ミュルーズ染織博物館見学、三菱重工アルザス工場見学(ミュルーズ)、リックヴィル村伝統産業見学
3月8日  カイゼルスベルク村見学、欧州議会見学(ストラスブール)
3月9日  ヴォーバン地区(フライブルク市環境特化地区)見学、フライブルク市見学、エギスハイム村伝統産業見学
3月10日  ストラスブール歴史博物館見学、ナッツヴァイラー強制収容所見学
3月11日  パリに移動、ギメ美術館Japonismes2018展見学、UNESCO訪問
3月12日  マレ地区見学パリ日本文化会館見学、パリCDG空港より帰国
3月13日  羽田空港に着・解散


5月17日 報告会の実施



参加者の声

「短い日数ながらも、毎日がとても充実した内容だった。フランスだけでなく、 アルザス独自の文化や歴史、ドイツ文化にも触れることができ、欧州について興 味を持つきっかけになった。私は今まで、語学学習のために留学は必ずしも必要 ないと考えていたが、現地で暮らすことで日本ではありえないような文化を経験 でき、また、日本について客観的に捉えることができると感じた。この研修は、 今後の留学を考えるのにいいきっかけになった。」(商学部1年)

「大企業と中小企業両方を訪問し、組織の統括や動き方など比較することができ て良かった。RICOHの環境保全活動や従業員の家族まで巻き込む活動は、企業の イメージアップにも企業内の連携においてにも非常にいいと感じた。また、ヨー ロッパでは男女平等であることが大前提で、様々な法律や制度が作られているこ とを知り、日本とのそもそもの意識の差を感じた。」(商学部1年)

「この研修を通して今までもやもやしていた自分の将来がほんの少し見えたよう な気がしました。その見えたものはまだ漠然としていますが、形にできるよう頑 張ろうと思います。フランス語、頑張ります!!」(商学部1年)


france2.jpg
主催: 商学部フランス語部会(keiofbcfrance[at]gmail.com)
問い合わせ: 日吉学生部商学部