慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

履修上の注意

「保留中」というメッセージが出ます

履修申告登録(登録完了へ)】ボタンを押した後に「保留中」と表示された場合、履修エラーが残っているため登録は完了していません。

下記のFAQをよく読み、正しい履修状態に修正して必ず登録を完了させてください。


「A欄申告不可」というメッセージが出ます

本来履修できない登録番号を申告したり、B欄で申告すべき科目をA欄で申告すると、このメッセージが出ます。
自学科の設置科目を履修する際は、A欄での申告になります。
他学科・他学部科目等を履修する場合は、B欄での申告になります。
B欄で申告する際は、分野番号(*)の入力が必要です。

<よくある間違いと対応策>
・異なる入学年度の登録番号を申告→自分の入学年度の登録番号で申告してください
 ※特に日吉の設置科目を履修する場合は十分注意してください。
・*どのB欄分野番号になるかは履修案内30~34ページ(法律)、46~52ページ(政治)を参照してください。


「不許可」というメッセージが出ます

抽選や選抜などの履修制限があり、履修を許可されていない科目を登録しようとした場合に表示されます。 この科目は登録できないので削除してください。


「曜日時限重複」というメッセージが出ます

・同じ曜日時限に複数の科目を登録しようとした場合に表示されます。 (時間割に表示されていなくても、複数のコマに授業が行われている場合も該当します。)
同じ曜日時限に複数の科目を登録することはできませんので、重複した科目のうち1科目だけ選んで登録してください。


・キャンパスを移動して科目を履修しようとする場合、移動時間を考慮して、履修不可能な場合に表示されます。
(例:1限に三田設置科目、2限に日吉設置科目を履修することはできません。)
このエラーが解消されるように履修する科目を選んで登録してください。


「同一科目申告不可」というメッセージが出ます

同一科目の扱いとなる科目を複数申告しようとするとこのメッセージが表示されます。複数科目履修する場合は、1科目を自由科目([B欄:99]進級・卒業の単位に含まれない)として登録してください。


「取得済科目申告不可」というメッセージが出ます

既に取得している科目をもう一度申告しようとするとこのメッセージが表示されます。履修する場合は自由科目([B欄:99]進級・卒業の単位に含まれない)で申告してください。


「インテンシブのセット履修を確認して下さい」というメッセージが出ます

外国語インテンシブを履修すると必ずこのメッセージが表示されます。(1年間で8コマ以上履修した場合のみ表示されません。)規定のコマ数を履修できない場合は自由科目([B欄:99]進級・卒業の単位に含まれない)で申告してください。規定のコマ数は履修案内36ページ(法律)、54ページ(政治)を参照のこと。


「履修上限●●単位超過」というメッセージが出ます

履修できる上限単位数を超えて履修した場合にこのメッセージが出ます。超えた単位数分を削除するか、自由科目([B欄:99]進級・卒業の単位に含まれない)として申告してください。


※履修上限単位数
法律:48単位
政治:48単位(2014年度以降入学者)
   52単位(2013年度以前入学者)


「入力された登録番号は存在しません」というメッセージが出ます

時間割表に記載されている登録番号を正しく入力してもこのメッセージが表示された場合、その科目が開講されなくなった可能性があります。塾生サイトで時間割の変更が無いか確認してください。


「展開科目他学科・他学部等22単位」というメッセージが出ます(法律学科の学生のみ)

「展開科目」として履修している他学科・他学部の授業が22単位を超えているとこのメッセージが出ます。他学科・他学部の専門的授業を「展開科目」として履修する場合、卒業までに22単位を上限とします。22単位を超える分については、自主選択科目(進級・卒業に必要な単位に含めることができる)、もしくは自由科目([B欄:99]進級・卒業の単位に含まれない)として申告してください。