慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

修士論文校閲費助成

2020/10/15修正

社会学研究科では、修士論文を母語以外の言語で執筆する場合に校閲費の助成を行います。
※2020年度より対象とする言語の制限を廃止し、留学生以外も申請できるようになりました。


1. 申請資格

社会学研究科修士課程に在籍する大学院正規生(ただし休学中の学生を除く)



2. 助成対象

修士論文
(母語以外の言語に限る。母語以外の言語であっても修士論文の執筆言語と異なる場合の申請は認めない。)



3. 助成額

5万円を上限とし実費を助成する(複数回の場合、合算した額のうち5万円を上限とする)



4. 申請に必要な書類

  1. 修士論文校閲費助成申請書および銀行振込依頼書

    *指導教授の承認印を受けること
    (承認印受領が難しい場合は、指導教授が確認した旨が分かる内容のメールを添えるか転送してください)
    *鉛筆・消すことのできるペンの使用は不可。
  2. 領収書原本(「慶應義塾大学社会学研究科 申請者本人」宛)

    *本人名義かつ本人所有の銀行口座決済のクレジットカードによる支払いも可
    (ただしその場合クレジットカード会社発行の利用明細書のコピーをあわせて提出すること。)
    *メール添付で申請する場合はスキャンして添付してください。郵送での提出が必要な場合は別途指示します。
  3. 校閲前・校閲後の論文コピー


5. 2020年度申請期間

2021年1月15日~2月8日



6. 申請先

学生部社会学研究科担当
窓口提出、またはメール添付でも受け付けます。mita-shaken@adst.keio.ac.jp宛てにお送りください。メールのタイトルは「修士論文校閲費助成(申請者氏名)」としてください。



7. 助成の決定

学習指導会議で審査の上、助成を決定する