慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

休校期間中に行うフィールドワークの科目申請(大学院生)

【重要】2020年夏季休校期間中にフィールドワークおよびインターンシップ実施を計画している方へ(2020/07/01更新)
2020年度夏季休校期間中のフィールドワークおよびインターンシップ活動には、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、感染防止策を取るように制限がかかる見込みです。今夏フィールドワークを実施し、秋学期に履修申告を計画している学生は、本ページ最下部に掲載している「ガイドライン」とともに、下記「留意事項」を熟読のうえ、あらかじめこの状況下で遂行可能と思われる計画を策定しておいてください。


【フィールドワーク関連科目】

・フィールドワークA・B・C・D
・インターンシップA・B
・グローバル・パートナーズ・ネットワーキング(GRプログラムサティフィケート修得修了要件科目)
・グローバル・イシュー・プラクティス(GRプログラムサティフィケート修得修了要件科目)

【概要】
春季休校期間中もしくは夏季休校期間中において、個人の研究テーマに関連した国内外での実地調査や研究活動(フィールドワーク)あるいは就業経験(インターンシップ)を行う場合、事前計画書類を提出し、活動内容が認可された者に限り、「フィールドワークA・B・C・D」「インターンシップA・B」「グローバル・パートナーズ・ネットワーキング」あるいは「グローバル・イシュー・プラクティス」の履修ができます。これらの科目の履修希望者は、下記「ガイドライン」を熟読の上、期日に従って事前計画書類を提出してください。(学期期間中に活動しているものについては、フィールドワーク関連科目として履修することはできません。)


【重要】海外でのフィールドワーク等の実施基準について

フィールドワークやインターンシップ等で海外渡航する場合、渡航先の治安情勢等の安全対策について、総合的に判断する方針が確認されました。詳細については、以下のファイル(海外でのフィールドワークやインターンシップの実施基準について)を参照してください。

また、海外での活動を行うにあたっては、慶應義塾大学総合政策学部、環境情報学部、および政策・メディア研究科(以下「学部・研究科」)の指定する「危機管理支援サービス」および同学部・同研究科の定める基準を満たした「海外旅行保険」に加入することが義務付けられます。
以下のWebサイト(【総環・政メ】危機管理支援サービス・海外旅行保険について)を参照のうえ、加入登録手続を行ってください。



書類の提出時期について

履修の流れや提出書類の詳細は、下記「ガイドライン」をご確認ください。書式は必ず最新のものをダウンロードして、ご利用ください。
書類の提出時期は以下のとおりです。最新のスケジュールについては決定し次第、keio.jp上のニュースでお知らせします。
また、A館・τ館の掲示板及び以下のリンクでもご案内しますので、忘れずにご確認ください。
提出期限を過ぎた書類は受付できません。


夏季休校期間中にフィールドワークを実施し、次の秋学期に履修申告する場合

研究計画書・誓約書の提出 7月上旬
掲示
※掲示版で情報が公開されると上記リンクが有効となります。
報告書(レポート)の提出 12月上旬頃 掲示
※掲示版で情報が公開されると上記リンクが有効となります。


春季休校期間中にフィールドワークを実施し、次の春学期に履修申告する場合

研究計画書・誓約書の提出 12月中旬頃 掲示
※掲示版で情報が公開されると上記リンクが有効となります。
報告書(レポート)の提出 6月上旬頃 掲示
※掲示版で情報が公開されると上記リンクが有効となります。

ガイドライン、所定用紙のダウンロード


*2020年度夏季休校期間の活動を事前申請するにあたっては、以下の書式は使用できません。
 本ページ掲載の「留意事項」および提出時期の「掲示」などを参照して、指定されたとおり手続を行ってください。