慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

履修上の注意

学期毎に定められた履修申告期間中に、keio.jpにログインし、「授業」カテゴリ>「履修申告」より履修申告を行ってください。
履修申告にあたっては、法学研究科の「履修案内」を熟読のうえ、修了要件や履修条件に十分に注意し、申告してください。
また、履修申告内容については必ず指導教授の了承を得てください。
なお、「シラバス(講義要綱)」「時間割」は学部・他研究科設置科目も含め、Webでの検索が可能です。

三田キャンパス 履修案内・講義要綱・時間割

授業に関するお知らせは、K-LMSまたは授業支援を通して履修者のみに公開されます。
履修申告を行わないと、授業で使う教材等は使用することができません。授業担当者から履修者に向けた案内や
メール等の通知がある可能性があるため、履修予定の科目はできるだけ早く履修申告を完了してください。


春学期 履修申告期間

  • 春学期履修申告期間には春学期開講科目セット科目通年科目のみ履修申告が可能です。
  • 履修申告期間(二次)を過ぎてからの履修科目の追加・変更・削除は一切できませんので、注意してください。
  • 前日24:00までに履修申告を行った科目が、翌朝6:30にK-LMSに反映されます。
種別期間履修科目
履修申告期間(一次) 4月 3日(日)12:30~
4月 5日(火)16:45
原則として履修申告期間(一次)中にすべての履修希望科目の登録を済ませてください。
登録確認画面公開① 4月 6日(水)18:00 ・一次で抽選が行われた科目(原則として学部設置科目のみ)の結果がkeio.jpの「登録済科目確認」画面に反映されます。
・抽選に外れた場合、当該科目に「不許可」と表示されます。不許可となった科目は履修できません。
履修申告期間(二次) 4月 6日(水)18:00~
4月14日(木)10:00
履修申告期間(一次)に登録した科目を削除したり、新たに科目を追加履修することができます(一次で履修制限が行われた科目は、二次には追加履修不可)。
登録確認画面公開② 4月19日(火)16:00 履修申告に不備がある場合、keio.jpの「登録済科目確認」画面にメッセージが表示されますので、必ず確認してください。
・申告不備に関するメッセージが表示されている場合は、所定のエラー修正期間にWebサイトの案内に従い、必ず修正を行うこと。

秋学期 履修申告期間

  • 秋学期履修申告期間には秋学期開講科目のみ履修申告が可能です。
  • 履修申告期間(二次)を過ぎてからの履修科目の追加・変更・削除は一切できませんので、注意してください。
  • 前日24:00までに履修申告を行った科目が、翌朝6:30にK-LMSに反映されます。
種別期間履修科目
履修申告期間(一次) 9月27日(火)12:30~
9月29日(木)16:45
・原則として履修申告期間(一次)中にすべての履修希望科目の登録を済ませてください。
登録確認画面公開① 9月30日(金)18:00 ・一次で抽選が行われた科目(原則として学部設置科目のみ)の結果がkeio.jpの「登録済科目確認」画面に反映されます。
・抽選に外れた場合、当該科目に「不許可」と表示されます。不許可となった科目は履修できません。
履修申告期間(二次) 9月30日(金)18:00~
10月 8日(土)10:00
履修申告期間(一次)に登録した科目を削除したり、新たに科目を追加履修することができます(一次で履修制限が行われた科目は、二次には追加履修不可)。
登録確認画面公開② 10月13日(木)16:00 履修申告に不備がある場合、keio.jpの「登録済科目確認」画面にメッセージが表示されますので、必ず確認してください。
・申告不備に関するメッセージが表示されている場合は、所定のエラー修正期間にWebサイトの案内に従い、必ず修正を行うこと。


履修申告にあたっての注意事項

申告の際は以下の注意事項を確認してください。
また、履修申告後は「登録済科目一覧」画面を印刷して控えとして保管してください。

年間履修上限単位数について

各学年における履修単位数の上限は春学期・秋学期を合わせて40単位です。
 ※履修上限の40単位には履修登録し、不合格になった単位も含まれます。
 ※履修上限を超過して履修登録する場合は「自由科目」(修了に必要な単位には含まれません)として申請してください。


論文指導を受けようとする担当者(科目名:「論文指導」)を必ず毎学期履修登録してください。

「論文指導」はシラバス・時間割Web検索画面から登録番号を確認して直接入力するか、
履修申告画面の「その他」から担当者を選んでください。


他研究科、他専攻、学部設置科目等を履修申告する際の注意

修士課程(専修コースを除く)
→他研究科、他専攻科目を履修する場合は分野欄から「B欄:11」を選択してください。

修士課程 民事法学・公法学専攻の留学生で自由科目(指定)での履修を指示された場合
→分野欄から「B欄:99」を選択してください。

修士課程 政治学専攻(専修コースの学生を含む)の学生で自由科目(指定)での履修を指示された場合
→分野欄から「B欄:88」を選択してください。

修士課程 宇宙法専修コース
→専修選択関連科目として履修する場合は、分野欄から「B欄:44」を選択してください。

修士課程 公共政策専修コース・ジャーナリズム専修コース
→関連科目として履修する場合は、分野欄から「B欄:05」を選択してください。

修士課程 デュアルディグリーを希望する場合
※事前に学生部で手続きが必要です。
他研究科設置科目を履修する場合は分野欄から「B欄:99」を選択してください。

後期博士課程
・他研究科、他専攻科目を履修する場合は分野欄から「B欄:11」を選択してください。
・修士課程(法務研究科を含む)、学部、諸研究所設置科目を履修する場合は分野欄から「B欄:99」を選択してください。


休学または留学予定のため、履修申告を希望しない場合

当該学期に休学・留学をする場合、履修申告は不要ですが、履修申告状況確認フォームからその旨を申し出る必要があります。

なお、このフォームは履修申告時における状況確認のためのものであり、休学・留学の申請は別途正式に行う必要があります。
必ず締切日までに申請を行ってください。
※すでに休学・留学の申請を完了している方は、申請する必要はありません。
学生部に申し出なく、履修申告期間中に履修申告を行わなかった者は、修学の意思がないと判断し、処分退学の対象となります。

履修取消について

履修申告した科目の取消を希望する場合は、事前に指導教授、科目担当者から許可を得たうえ
各学期の履修取消期間に取消申請(keio.jp>「履修申告」>「取消申告」)を行ってください。
ただし、取消ができる単位数は各学期ごとに8単位が上限です。
また、履修取消期間に新たな履修申告はできません。


「曜日時限重複エラー」が表示された場合

※田村次朗君担当「社会法特殊講義1・2」「社会法特殊演習1・2」「社会法特殊研究1・2」を履修する場合の注意


他研究科の集中科目と併設されている上記の科目を登録しようとすると、必ず「曜日時限重複エラー」が発生し、
「要確認」エラーが表示されます。学生部でエラーを修正しますので、そのままにして履修申告を完了してかまいません。
(文字化け防止のため、科目名のローマ数字は算用数字で表記しています)