慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

3.5年早期卒業制度

3.5年早期卒業制度について

3.5年早期卒業制度とは、卒業要件を満たしたうえで、優秀な学業成績や優れた成果を挙げたものに対して、3.5年(7学期)在学すれば卒業できる制度です。9月入学者の4月就職、4月入学者の海外大学院進学などを支援することを目的としています。



申請方法

希望者は、SFC GUIDE Vol.2を熟読した上で、以下のとおりSFC学事担当窓口に申請をしてください。


  • 申請受付期間:SFC GUIDE Vol.2の学事日程を参照
  • 対象者:申請学期の4学期前に入学し、申請学期に第3学年1学期目の学生
  • 申請書類:

    1. 3.5年早期卒業制度候補者資格確認申請書
    2. aまたはb

    a.母国語以外の外国語のひとつについて外国語検定試験の基準を満たしていることの証明書もしくはそれに相当するスコアを示す書類(原本提示のうえコピー提出)
    b.学会発表など、顕著な研究成果を挙げたことでこの申請を行う場合は、その成果が証明できる書類の原本を提示し、コピーを提出すること。

申請結果は、申請学期の学業成績表に同封して保証人宛に通知します。

<注意事項>

・学部・大学院修士4年一貫教育プログラム参加者は、3.5年早期卒業制度および在学期間延長制度の申請はできません。学部・大学院修士4年一貫教育プログラムを辞退する場合は学事担当までお問い合わせください。




申請要件

第3学年1学期修了時に、次の4つの要件をすべて満たさなければなりません。


  1. 母国語以外の外国語のひとつについて以下の表で示される外国語検定試験の基準を満たしていること。
  2. 96単位以上(自由科目は含まない)を取得済みであり、当該学期までに取得したすべての単位(自由科目を含まない)について、GPAが3.10以上であること。(2016 年度以前入学者は自由科目を含めて計算してもよい)
  3. 「研究会 A」または「研究会 B」を2学期以上履修し、かつ、「研究プロジェクト科目」について、GPAが3.30以上であること。
  4. 当該学期までに卒プロメンターが指定するアスペクトの1つから4単位以上を取得していること。 ただし、1、2の要件については、学会発表など、顕著な研究成果を挙げた場合は、要件を満たしていなくても申請が認められる場合があります。顕著な研究成果とは以下のいずれかとなります。

    A) 査読ありのジャーナル論文を執筆していること
    B) 学術書の執筆者となっていること
    C) 認知されたコンテストで上位入賞をしていること

なお、休学・留学等の理由により入学後3.5年(7学期)で卒業できない場合、原則として候補者資格を喪失し、標準学則 の適用に戻ります。標準学則との差分に関しては、参加者個々人の状況に応じて別途指示します。


外国語検定試験の基準

語種 外国語検定試験 申請時 卒業判定時
英語 TOEFL(PBT) (SFC実施のTOEFL-ITPを含む)※1 550点以上 580 点以上
朝鮮語 ハングル能力検定試験 3 級 準2級
韓国語能力試験 3 級 4 級
中国語 中国語検定 3 級 2 級
漢語水平考試(HSK) 5 級 6 級
マレー・インドネシア語 インドネシア語検定 C級 B級
アラビア語 インテンシブ2修了相当以上で個別に判断 スキル2科目以上修了 レベルで個別に判断
ドイツ語 CEFR ※ 2 能力B2 能力C1
Goethe-Zertifikat B2 C1
オーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験(ÖSD) B2 Mittelstufe Deutsch C1 Oberstufe Deutsch
ドイツ語技能検定試験 準1級 1 級
フランス語 CEFR ※ 2 能力B2 能力C1
フランス文科省認定フランス語資格試験(DELF/DALF) B2 C1
フランス文科省認定フランス語テスト(TCF) 400 - 499 点 500 - 599 点
実用フランス語技能検定試験 準1級 1級
スペイン語 スペイン語技能検定 3級 2級
スペイン政府公認スペイン語検定(DELE) 初級 中級
日本語 日本語能力試験 1級 1級

※1 CBT、iBTのスコア提出を認めます。PBT のスコアに換算してください。
※2 CEFR は Common European Framework of Reference for Languages: Learning, Teaching, Assessment(諸言語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ共通参照枠)を指します。


卒業要件

申請が認められ、3.5年早期卒業制度候補者となった場合、卒業要件については通常の要件に加えて要件が定められています。詳細については、SFC GUIDE Vol.2を参照してください。



卒業学期の手続きについて

卒業予定学期には以下のとおり必要書類を提出してください。

提出物:どちらか一つ

A) 母国語以外の外国語の一つについて外国語検定試験の基準を満たしていることを示す証明書や書類の原本、コピー(原本はその場で確認後返却します)
※申請時に既に卒業判定時の基準を満たしている場合でも改めて提出が必要です。
 各語種の基準は上の「語種の基準」から確認してください。

B) 慶應義塾大学大学院への合格通知の原本、コピー(原本はその場で確認後返却します)
※ただし大学院入学予定時期が学部卒業の翌学期である場合に限ります。

提出締切:各学期の最終授業日
※学事窓口開室日時はSFC GUIDE Vol.2で確認してください

提出場所:α館1階学事担当窓口