慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

Global Passport Program(GPP)

「Global Passport Program」とは

商学部では2014年度から、専門的な国際プログラム「Global Passport Program」(略称:GPP)を開始しました。このプログラムでは、これまで培った商学部の強みを活かしながら、グローバル社会の中で企業や組織が直面する諸問題を発見し、これを乗り越えていく解決能力を養うことを目指します。



1)GPPは英語で提供される選抜型プログラム

GPPは、原則として英語により授業を行う教育プログラムです。対象は原則として全学部の3~4年生とし、プログラムに参加を希望する者から応募を募り、選抜された者が参加できるプログラムです。選考には、学業成績とTOEICスコアを用いる予定です。より多くの学生に参加機会を提供するとともに、メンバーの学習成果を検証するため、春学期・秋学期ごとに参加メンバーの募集と選抜を行います。したがって、プログラムを修了するためには、一定の成績を維持する必要があります。



2)GPPのカリキュラムを構成する三つの柱

①専門性の高いコースワーク(Passport Members' Coursework)
GPP参加メンバーは、商学研究科とのコードシェア科目(併設科目)を中心に、大学院イントロダクトリーレベルの講義科目を履修します。これらの科目は、商学部・商学研究科の専門領域である経営、会計、商業、経済・産業分野から提供され、参加メンバーの理論の修得と知的レベルの向上を目指します。

②理論と現実の接点を強く意識したワークショップ(Passport Members' Workshops)
GPPでは、理論に即し、現実社会を強く意識した教育を実践するため、少人数形式のワークショップを必修としています。ワークショップでは、実践的な問題を、理論的観点から、エビデンスを用いて解決するプロジェクトを行います。ワークショップは、留学生も参加し、さらに、外国人講師によって開講される予定です。これを通じ、多様性の高い環境下での適応能力、コミュニケーション力やリーダーシップの向上を期待しています。

③経験知を学ぶアクティビティ(Passport Members' Meetings)
自ら経験することで学び、他者の経験からも学ぶ機会として、キャンパス内外でのアクティビティが提供されます。



3)GPP修了者には、「Global Passport Holder」としての認証を授与

2学期間GPPに参加し、コースワークを4科目8単位以上、ワークショップを2科目8単位以上取得した者には、商学部長よりプログラム修了の認証が与えられます。最短では3年次に授与されるため、就職活動に役立てることも可能です。さらに、いわゆるHonors Program (特に優秀な学生を対象としたプログラム)修了生としての実績があることで、国内外の大学院進学時にプラスに働くと考えられます。


説明会の開催

2020年度向けGPP説明会を以下のとおり行います。
GPPへの応募を検討されている皆さんは、ふるってご参加ください。
※事前予約不要
※英語で行いますが、質問は日本語でもお受けいたします。2回とも同じ内容の説明会となります。

GPP Information Sessions for 2020
2019.12.4 Wed 12:20~12:40 (日吉キャンパス 第4校舎A棟1階 J416)
2019.12.11 Wed 18:10~18:30(日吉キャンパス 第4校舎A棟1階 J416)



2020年度Course work科目

「Global Passport Program」2020年度Course work科目については以下のリンク(PDF)を確認してください。


「Oversea Field Trip」の実施

「Overseas Field Trip 2020」の概要についてお知らせします。
GPPにおいては、「Overseas Field Trip 2020」を2020年8月に実施することを企画しています。本海外研修の概要は以下のリンク(PDF)を確認してください。

***新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大している状況を踏まえ、8月開催予定の海外研修は中止いたします。***

2020年度春学期募集

1.応募資格

2020年度春学期開始時点で、本学の学部3・4年生であること。


2.応募の概要

1)はじめて応募する方

応募期間

1.Webエントリー
2020年2月14日(金)10時~2月20日(木)16時

2.英語試験(※1)に関するスコアの提出
Webエントリー後、2月27日(木)10時まで

※1 2018年1月以降に受験したものを有効とし、TOEIC(公開テスト/IPテスト)、TOEFL(公開テスト(iBT)/ITPテスト)、IELTSいずれかのスコアを提出(いずれか1つのみ。コピー可)

3.自己PR動画の提出
Webエントリー後、発送予定の招待メールに従い、2月27日(木)10時までに提出する。動画ファイルはMP4形式、ファイル名は各自の学籍番号とする。 (詳細は「応募フロー」を確認)

選考結果発表日 2020年3月12日(木)16時(予定)
選考方法 学業成績(GPA)、英語試験結果、自己PR動画により選考を行う。
備考

Workshopは必須となるため、Workshopに出席できること。
(2020年度のWorkshopは火曜4時限、5時限予定)



応募フロー

以下のフローに従って応募してください。


1)Webエントリーを行う
所定のエントリー期間内に本サイトからWebエントリーを行ってください。なお、後に述べる動画ファイル保存の案内はKeio.jp もしくは、gmail 宛てにお送りしますので、エントリーフォーム上の「E-mail_1」は必ずいずれかのメールアドレスを登録してください。またエントリーフォームの学年入力欄は、応募時の学年を入力してください。

※Webエントリーは終了しました

2)(Webエントリー後)英語試験に関するスコアを提出する

所定の期日までに学生部商学部担当窓口へ提出してください。


※英語試験は2018年1月以降に受験したものが有効です。
以下のうちのいずれか1つ(複数提出不可・コピー可)を提出してください。
①TOEIC(公開テスト/IPテスト)のOfficial Score Certificate
②TOEFL(公開テスト(iBT)/ITPテスト)のOfficial Score Report
③IELTSの成績証明書(Test Report Form)

3)(Webエントリー締切後)自己PRの動画を提出する
Webエントリー締切後、登録したKeio.jpもしくはgmailのアドレス宛てに動画ファイルをアップロードするための招待メールが届きます。(メールは準備ができ次第送信する予定です)。メールが届き次第、所定の期日までにファイルをアップロードしてください。動画ファイルはMP4形式とし、ファイル名は各自の学籍番号としてください(例 ファイル名「49999999.mp4」)。なお、自己PRの中では、(1)応募者のバックグラウンド、(2)応募動機・GPPに参加する目的、(3)応募者はどのようにGPPやGPPOFTに貢献できると考えるか、については必ず触れ、1分以内で英語により発言、回答する。(テキスト表示による回答のみは不可)。


全ての手続きが正しく完了されないと、応募は受理できませんのでご注意ください。 また、出願書類などに虚偽があった場合には、応募ならびに選考結果を無効とします。


2)すでにGPPを一学期修了している方(GPPワークショップの単位を一学期分取得済み・取得見込みの方)

応募期間

Webエントリー
2020年2月14日(金)10時~2月27日(木)10時

選考結果発表日 2020年3月12日(木)16時(予定)
選考方法 学業成績(GPAにより選考を行う。)
備考

*Workshopは必須となるため、Workshopに出席できること。
(2020年度のWorkshopは火曜4時限、5時限予定)

*英語試験のスコアおよび自己PR動画の提出は必要ありません。


応募フロー

Webエントリーを行う
所定のエントリー期間内に本サイトからWebエントリーを行ってください。

2020年度春学期選考結果発表

2020年度春学期選考結果を発表しました。 以下のリンク(PDF)で確認してください。

****4月2日開催のキックオフミーティングは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、配布資料で替えさせて頂きます。資料は、4月上旬に履修者へメールにて送付いたします。 GPP運営委員会*****


2019年度春学期修了者の発表

2019年度春学期修了者を発表しました。 以下のリンクをご確認ください。


2018年度春学期ファイナルプレゼンテーション

2018年度春学期「Global Passport Program」のファイナルプレゼンテーションが7月10日(火)、7月17日(火)に南ホールで行われました。ファイナルプレゼンテーションの様子をおさめた動画をFacebookにアップロードしておりますので、どうぞご覧ください。


2019年度秋学期募集

******GPP一期修了者の提出書類に変更がございますので、ご確認ください**********


1.応募資格

2019年度秋学期開始時点で、本学の学部3・4年生であること。

※2019年度秋学期から、すでにGPPワークショップ(Passport Members' Workshop D (GPP))の単位を取得している方・取得見込みの方は応募方法が異なります。

※経済学部PEARLプログラム、環境情報学部・総合政策学部GIGAプログラムに所属する学生で、GPPワークショップの履修を希望する方は、以下の応募をしてください(この応募手続きを経ない場合には、GPPワークショップを履修することはできません)。



2.応募方法

1)はじめて応募する方

応募期間

1.Webエントリー
2019年8月19日(月)10時~8月23日(金)12時

2.英語試験(※1)に関するスコアの提出
Webエントリー後、8月30日(金)12時まで

※1 2017年7月以降に受験したものを有効とし、TOEIC(公開テスト/IPテスト)、TOEFL(公開テスト(iBT)/ITPテスト)、IELTSいずれかのスコアを提出(いずれか1つのみ)

3.自己PR動画の提出
Webエントリー後、8月23日(金)以降に発送予定の招待メールに従い、8月30日(金)までに提出する。動画ファイルはMP4形式、ファイル名は各自の学籍番号とする。 (詳細は「応募フロー」を確認)

選考結果発表日 2019年9月13日(金)16時(予定)
選考方法 学業成績(GPA)、英語試験結果、自己PR動画により選考を行う。
備考

Workshopは必須となるため、Workshopに出席できること。
(2019年度のWorkshopは火曜4時限、5時限予定)



応募フロー

以下のフローに従って応募してください。


1)Webエントリーを行う
所定のエントリー期間内に本サイトからWebエントリーを行ってください。
<エントリーは締切りました>
なお、後に述べる動画ファイル保存の案内はKeio.jp もしくは、gmail 宛てにお送りしますので、メールアドレス(エントリーフォーム上の「E-mail_1」は必ずいずれかのアドレスを登録してください。

2)(Webエントリー後)英語試験に関するスコアを提出する
所定の期日までに学生部商学部担当窓口へ提出してください。


※英語試験は2017年7月以降に受験したものが有効です。
以下のうちのいずれか1つ(複数提出不可・コピー可)を提出してください。
①TOEIC(公開テスト/IPテスト)のOfficial Score Certificate
②TOEFL(公開テスト(iBT)/ITPテスト)のOfficial Score Report
③IELTSの成績証明書(Test Report Form)

3)(Webエントリー後)自己PRの動画を提出する
Webエントリー後、登録したKeio.jpもしくはgmailのアドレス宛てに動画ファイルをアップロードするための招待メールが届きます。(メールは8月23日以降、準備ができ次第送信する予定です)。メールが届き次第、所定の期日までにファイルをアップロードしてください。動画ファイルはMP4形式とし、ファイル名は各自の学籍番号としてください(例 ファイル名「49999999.mp4」)。なお、自己PRの中では、(1)応募者のバックグラウンド、(2)応募動機・GPPに参加する目的、(3)応募者はどのようにGPPやGPPOFTに貢献できると考えるか、については必ず触れ、1分以内で英語により発言、回答する。(テキスト表示による回答のみは不可)。


全ての手続きが正しく完了されないと、応募は受理できませんのでご注意ください。 また、出願書類などに虚偽があった場合には、応募ならびに選考結果を無効とします。


2019年度秋学期選考結果発表

2019年度秋学期選考結果を発表しました。 以下のリンク(PDF)で確認してください。


2019年度秋学期修了者の発表

2019年度秋学期修了者を発表しました。 以下のリンクをご確認ください。

2018年度秋学期ファイナルプレゼンテーション

2018年度秋学期「Global Passport Program」のファイナルプレゼンテーションが1月8日(火)、1月15日(火)に南ホールで行われました。 ファイナルプレゼンテーションの様子をおさめた動画をFacebookにアップロードしておりますので、どうぞご覧ください。


「Global Passport Program」協賛企業

「Global Passport Program」は、以下の企業の協賛により実施しています(2019年4月現在、五十音順)。

株式会社エー・ディー・ワークス(A.D.Works Co.,LTD.)
株式会社コーエーテクモホールディングス(TECMO KOEI HOLDINGS CO.,LTD.)
株式会社ジェイティビー(JTB Corp.)
ジック株式会社(SICK Sensor Intelligence.)
全日本空輸株式会社(ALL NIPPON AIRWAYS CO.,LTD)
大正製薬株式会社(Taisho Pharmaceutical CO., Ltd.)
東日本旅客鉄道株式会社(East Japan Railway Company)