慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

日本学生支援機構奨学金

在学猶予手続きについて

日本学生支援機構の奨学生であった方が、貸与終了後、引き続き在学または進学した場合、「在学猶予願」の提出により奨学金の返還が猶予されます。
返還猶予を希望する方は、スカラネット・パーソナルから在学猶予願を提出してください。

▸スカラネット・パーソナルの入力に必要な学校番号はこちら(三田キャンパス所属の学生のみ)

※卒業生で、現在慶應義塾大学以外に在学している方は、在籍中の学校に提出する必要があります。
※在学届提出後の承認状況はご自身でスカラネット・パーソナルを確認してください。
※入力内容について確認事項が生じた場合、keio.jpのメールアドレス宛に連絡をすることがあります。

令和3(2021)年度「特に優れた業績による返還免除」候補者募集について募集は終了しました)

2021.12.23更新

大学院第一種奨学金採用者で、当該奨学金の貸与期間が、令和3(2021)年度に終了する者については、日本学生支援機構法第16条に基づき、「特に優れた業績による返還免除」制度が適用されます。令和3(2021)年度候補者の募集を開始しました。申請を希望する方は、keio.jpのinformationに配信しているお知らせをご確認ください。

<すでに慶應義塾大学を離籍されている方>
本制度への申請は、令和3(2021)年度に貸与期間が終了している学生であれば、離籍者であっても申請可能となっています。三田キャンパスを卒業・退学等された方で、本制度への申請を希望する場合は、下記の学生部福利厚生支援担当のメールアドレスまで申請資料送付希望の旨をご連絡ください。

メールアドレス:mitashougakukin@info.keio.ac.jp (メール送信時は、@を半角に置き換えてください)
※メールの件名は『「特に優れた業績による返還免除」申請書類送付希望(氏名)』とし、本文に卒業・退学等した研究科名、学籍番号、氏名を必ず記載してください。
※三田キャンパス以外を卒業・退学等された方は、最終所属キャンパスの奨学金担当までお問い合わせください。