慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP


GIGAプログラム

学事日程変更・キャンパス立入禁止に伴う変更点や最新の情報はkeio.jpポータルのニュースに掲載していますので必ず併せて確認してください。

日本語能力の確認について

以下の(2) 取得要件に記載のとおり、「AO入試(グローバル)」で入学した学生には外国語要件として日本語能力試験N2の合格が求められており、日本語能力試験N2に合格していない場合は日本語能力試験N2レベル相当の日本語科目の単位取得が原則として必要となっています。
しかし、十分な日本語能力を有しているため日本語能力試験を受験せず、また日本語科目も履修していない場合は、学内で行われる試験を受験してください。

詳細についてはkeio.jpで案内します。

GIGAプログラムについて

GIGAプログラムは、慶應義塾大学の学部における初めての英語によるプログラムとして、2011年に9月に環境情報学部で始まりました。2015年度からは、"Global Information and Communication Technology and Governance Academic Program"から"Global Information and Governance Academic Program"へと名称を改め、環境情報学部だけでなく、総合政策学部でも提供されています。

総合政策学部では政策デザイン、国際戦略、社会イノベーション、経営・組織、都市・地域戦略のいずれかの分野に軸足を置く「理に融合した文系」、環境情報学部では先端情報システム、先端領域デザイン、 環境デザイン、人間環境科学のいずれかに軸足を置く「文に融合した理系」の育成を、それぞれ目指していきます。

総合政策学部、環境情報学部の学生は、学部や学年、入試形態にかかわらずGIGA プログラムの科目を履修することが可能です。また、予め申請を行うことでGIGAプログラム生となり、更に以下に記載の要件を満たすとGIGAプログラムのサティフィケート(プログラム修了証)を取得することができます。

※2015年4月以降に「AO入試(グローバル)」で入学した学生でサティフィケートの授与を希望する場合は、「申請・授与」を参照してください。


外部向けのGIGAプログラム紹介Webサイトです。

GIGAサティフィケート要件(2015年4月以降入学者)

「Global Information and Governance Academic Program」の略称で、GIGA-GovernanceとGIGA-Informationの2種類いずれか、または両方のサティフィケートを申請できます。

①GIGA-Governance
グローバル化の進展する世界において、国際的な視野を持って問題解決のために行動し、新しい機会を創出する人材の育成を目指す。
キーワード:グローバルセキュリティ、国際経済、マネジメント、社会起業

②GIGA-Information
情報通信技術を用いて新しいサービスやものの創造、社会のさまざまな問題を解決できる人材の育成を目指す。
キーワード:インターネット、情報システム、ものづくり、人間環境



(1) 対象者

・2015年4月以降入学の慶應義塾大学学部生



(2) 取得要件

以下の要件を満たすと、サティフィケートのいずれかまたは両方が取得できます。


共通科目 基盤科目に属する「サティフィケート要件科目」から30単位以上
専攻科目 ・Information:「サティフィケート要件科目」のうち先端科目(環境情報系)から10単位以上
・Governance:「サティフィケート要件科目」のうち先端科目(総合政策系)から10単位以上
外国語要件 ・「AO入試(グローバル)」で入学した学生:日本語能力試験N2の合格 ※1,※2
・上記以外の入試制度で入学した学生:TOEFL iBT 80点(PBT換算で550点)以上の取得

※1 合格した場合、語学能力証明書のコピーをSFC 学事担当窓口に提出してください。(提出時にコピーと照合するため、能力証明書の原本も持参してください。)

※2 不合格の場合でも、以下のいずれかを満たした場合、外国語要件を満たした認められる場合があります。


  • 日本語能力試験N2レベル相当の日本語科目の単位取得
    (14学則のカリキュラムでは「日本語インテンシブ4」「日本語スキル」「日本語コンテンツ」)
  • SFC日本語担当教員(専任)により日本語能力試験N2相当の日本語能力を有していると認められた場合
    十分な日本語能力を有しているため日本語能力試験を受験せず、また日本語科目も履修していない場合には11月に行われる試験に合格することで日本語能力が認定されます。詳細は後日このページにて周知いたします。この件に関するご質問は湘南藤沢事務室学事担当窓口までお問い合わせください。


(3) サティフィケート要件科目

科目名に「(GI)」と明記されている科目が、「GIGA-Information」、「(GG)」と明記されている科目が「GIGA-Governance」のサティフィケート要件科目です。「【SFC】履修案内・講義要綱・時間割」内「講義案内・シラバス」もしくは「時間割」で確認してください。

2019年12月23日追記
最終レポートを英語で提出し合格した場合に限り、「体育2」「体育3」「体育4」「体育5」もGIGAサティフィケート要件科目の「共通科目」として認められることになりました。
この変更は過去に合格した「体育2」「体育3」「体育4」「体育5」についても適用されます。
注意

  • 「体育1」については従来どおり、英語開講の授業(シラバスに「(GIGA/GG/GI)」の表記有)は要件科目に含まれますが、日本語開講のものは含まれません。
  • 現時点で「体育2」「体育3」「体育4」「体育5」はシラバスに「(GIGA/GG/GI)」が表示されませんので注意してください。

不明な点がある場合にはSFC学事担当までお問い合わせください。
追記ここまで

(4) 申請・授与

サティフィケートの取得を希望する者は、あらかじめ申請が必要です。※3


申請期間 春学期:5月末まで / 秋学期:11月末まで
提出物 1. 所定申請用紙
2. 語学能力証明書のコピー
(提出時にコピーと照合するため、能力証明書の原本も持参してください)
※申請時に外国語要件を満たしていない場合は、要件を満たし次第速やかに提出してください。
提出先 SFC学事担当窓口

要件を全て満たした時点で、サティフィケートを授与します。
なお、GIGA-Governance、GIGA-Information両方のサティフィケートの申請も可能です。

※3 「AO 入試(グローバル)」で入学した学生でサティフィケートの授与を希望する場合は、1.の申請は不要ですが、2.を提出してください。



GIGAサティフィケート要件(2015年3月以前入学者)

(1) 対象者

  • 2011年9月以降の環境情報学部第1学年入学者
  • 2012年9月以降の環境情報学部第2学年編入者
  • 2014年4月以降の環境情報学部学士入学者


(2) 取得要件

以下の要件を満たすとサティフィケートが取得できます。


  • 卒業要件を満たすこと
  • 「サティフィケート要件科目」の中から80単位以上を修得すること


(3) サティフィケート要件科目

科目名に「(GIGA)」と明記されている科目が、サティフィケート要件科目です。「【SFC】履修案内・講義要綱・時間割」内「講義案内・シラバス」もしくは「時間割」で確認してください。

  • 「サティフィケート要件科目」に加え、2015年度春学期以降に取得した以下の科目もサティフィケート要件科目に含むことができます。(2014年度以前に取得した場合は、サティフィケート要件科目に含むことはできません。)

【07学則】【14学則】
日本語ベーシック1・2・3・4 日本語ベーシック1・2・3・4
日本語インテンシブ1・2・3・4 日本語インテンシブ1・2・3・4
日本語スキル 日本語スキル
- 日本語コンテンツ

  • 留学中に取得した英語で行われていた科目の単位について、留学後の単位認定状況に応じて、サティフィケート要件科目として認められる場合があります。詳細については湘南藤沢事務室学事担当窓口までお問い合わせください。


(4) 申請・授与

  • AO 入試(GIGA プログラム)で入学した学生:サティフィケート取得の申請は不要です。
  • その他の学生:最終学期の履修申告期間終了日までにSFC学事担当窓口に申し出てください。 いずれも卒業時に発行します。

Q&A よくある質問

同一科目名の「サティフィケート要件科目」の単位を複数修得している場合、全ての単位をサティフィケート要件に含めることはできますか?

同一科目名の「サティフィケート要件科目」の単位を複数修得している場合は、一度に限りサティフィケート要件に含めることができます。

自由科目として修得した「サティフィケート要件科目」の単位を、サティフィケート取得要件に含むことはできますか?

自由科目として修得した場合でも、サティフィケート取得要件に含むことができます。