慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

各種書式ダウンロード

修士・後期博士共通

ダウンロードする際は、健康マネジメント研究科ガイド「I 事務手続き」の「6 休学・退学・留学」を必ず確認してください。



休学による学費の減免について
休学の申請に基づき、各学期において授業料・施設設備費・実験実習費の全額を減免します。納付が必要な費用は在籍基本料および代理徴収費用(研究会費・自治会費・学生健康保険互助組合費等)となります。学費減免申請手続の詳細は必ず所属学部・研究科の履修案内を参照してください。

休学の学費減免は、休学承認後随時申請を受け付けています。既に当該学期の学費を支払い済みの場合、過払い分を返金します。当該学期の学費が未払いの場合、学費減免を適用し減額した振込依頼書をお送りします。
学費の詳細および金額については、慶應義塾ウェブサイト「学費」ページ(https://www.keio.ac.jp/ja/admissions/fees/)を確認してください。なお、休学中も、本大学の学事・学生生活支援、図書館、情報環境等に関する諸サービスの利用が可能であるため、在籍基本料は減免の対象となりません。

私費留学における学費の減免について
留学の申請に基づき、各学期において授業料・施設設備費・実験実習費の全額を減免します。納付が必要な費用は在籍基本料および代理徴収費用(研究会費・自治会費・学生健康保険互助組合費等)となります。学費減免申請手続の詳細は必ず所属学部・研究科の履修案内を参照してください。

私費留学の学費減免は、留学から帰国後、就学届を所属キャンパスの学生部 所属学部・研究科担当に提出したのち、学費減免の申請を行うことにより適用されます。
就学届の提出が未済の場合、届出があるまでは減免申請を受理できませんのでご注意ください。
学費の詳細および金額については、慶應義塾ウェブサイト「学費」ページ(https://www.keio.ac.jp/ja/admissions/fees/)を確認してください。なお、留学中も、本大学の学事・学生生活支援、図書館、情報環境等に関する諸サービスの利用が可能であるため、在籍基本料は減免の対象となりません。


修士課程

実習やインターンシップで2週間以上学外施設に通う場合に申請可能


研究計画に大幅な変更が発生し、指導教授から指示された場合のみ




後期博士課程


博士課程学位論文審査申請 関連

学位審査申請の流れ・書類作成の注意等をご確認のうえ、提出書類を揃えてください。


学位審査申請の流れ【健マネガイド参照のこと】