慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

在学期間延長制度

学事日程変更・キャンパス立入禁止に伴う変更点や最新の情報はkeio.jpポータルのニュースに掲載していますので必ず併せて確認してください。

4年生が卒業に必要な単位を満たした場合でも、在学期間延長を申請し許可を得られれば、学部学則第156条で定められた在学期間の上限内で引き続き2学期まで在学することができます(学部学則第169条)。ただし、学費は全額納入しなければなりません。

在学期間延長を許可された学期においては、次の条件が課されます。


  1. 在学中は塾内諸規則を守る。
  2. 申請は1回限りとし、許可された卒業学期を変更することはできない。
  3. 在学を許可された学期の途中で籍を離れる場合は、退学となる。
  4. 在学を許可された学期には、1科目以上の科目を履修し、単位を修得する努力をしなければならない。
  5. 最終学期は「在学」しなければならない。

申請

申請対象者

申請学期に卒業要件を満たす見込みの4年生


申請方法・期間

各学期の詳細は、keio.jpポータルにてお知らせします。


申請書類

在学許可願(本人・保証人の連署)
※在学許可願は許可された場合の誓約書も兼ねる。


注意事項

  1. 申請結果は保証人宛に通知します。
  2. 学部・大学院修士4年一貫教育プログラム参加者は、3.5年早期卒業制度および在学期間延長制度の申請はできません。学部・大学院修士4年一貫教育プログラムを辞退する場合は学事担当まで連絡してください。