慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website
慶應義塾大学塾生サイト Keio University Student Website

こちらのメニューから学部、研究科をお選びください。

TOP

履修上の注意

履修申告について

履修申告にあたっては、文学部履修案内(日吉キャンパス第1学年)を熟読のうえ、進級・卒業要件に十分に注意し、申告してください。「講義要綱」「時間割」は他学部設置科目も含め、Webでの検索が可能です。

履修申告上の注意事項

Web履修申告期間中は、何度でも科目の登録・取消ができます。
但し、科目登録時にエラーの科目があると全ての科目の登録が無効となります。
エラーが残らないよう注意し、期間内に履修申告を完了してください。

Webによる履修申告では、間違いや勘違いによるミスでみなさんの履修が不利にならないような、以下のチェックが自動的に行われています。

  • 進級に関わるチェック【文学部1年生の進級条件を満たしているか?】

進級条件単位を満たしているか?履修上限52単位を超えていないか?など、文学部1年生だけを対象としたチェックがあり、エラーがあれば「現在の登録状況」欄に表示されます。

  • 科目の履修に関わるチェック【時間割上、問題なく履修できるか?】

Web履修申告のエラー欄にエラーが残っていると"状態"が〔保留〕と表示され、登録ができません。ここに表示されるエラーは時間割上履修可能かをチェックしています。例えば、曜日時限重複や同一科目名の履修などです。

エラーを解消し、正しく履修申告を行うため、特に以下の事項に注意してください。

1. 履修上限単位(52単位)

 1年間に履修できる単位数は、最高52単位(ただし半期履修上限30単位)です。この中には自由科目の単位も含まれます。
* 原級にとどまった場合や単位認定を受けた場合は、取得済みの単位数もしくは単位認定された単位数に関係なく52単位(自由科目を含む)まで履修申告することができます。
* 半期履修上限単位には、必修語学科目の単位(英語+他語種履修は半期5単位、英語以外の2語種履修は半期6単位)も含まれます。
* 単位認定された科目と同名科目は、自由科目として履修することができます。
* 夏季および春季在外研修プログラムの単位は履修上限に含まれません。


2. 必修科目(語学科目)の登録について

英語以外の必修語学科目は指定されたクラスの語学科目を履修申告してください。
「文学部第1学年授業時間割から選択」、もしくは「登録番号で選択」の画面で登録してください。


3. 「英語Ⅰ・Ⅱ」と「基礎情報処理」の登録について

Webエントリーシステムにより、所定の期間内にエントリーを行い、履修クラスが決まります。
履修クラスの結果は掲示および塾生サイトで確認できます。
決定した履修クラスについては、事前に履修登録されていますので、改めて履修申告する必要はありません。
詳細は4月のガイダンス期間中に配付される履修要領(英語Ⅰ・Ⅱ)/マニュアル(基礎情報処理)を確認してください。


4. A欄申告とB欄申告

・履修申告欄は、A欄とB欄によって構成されています。
通常はA欄を用いて履修申告してください。
・以下の場合のみ、B欄を使って申告してください。
 (1) 同一名の科目を重複して履修するため、2つ目以降を「自由科目」として履修する
   ⇒【B欄分野番号99】自由科目
 (2) 文学部の時間割にない他学部設置総合教育科目を「自由科目」として履修する
   ⇒【B欄分野番号99】自由科目
 (3) 「必修語学科目」を「総合教育科目(系列外)」として履修する
   ⇒【B欄分野番号40】総合教育科目系列外


5. エラー表示について

Web履修申告画面の登録状況欄に表示される主な【エラー】、【確認】メッセージについては、後段の「【エラー】【確認】の説明」を参照してください。


6. 履修申告後


・履修申告科目確認
履修申告期間に申告した科目は、学事Webシステムの「登録済科目確認」画面で確認できます。なお、この時点での登録科目は、そのあとの履修調整により不許可になるもの、修正が必要となるものが含まれている場合があります。

・履修制限
履修申告の結果、履修者数の著しく多い科目等に対して履修者数の調整を行います(システムによる無作為抽選)。履修調整の結果、不許可となった科目の履修は無効となります(削除申請の必要はありません)。

・履修追加
追加が必要な場合のみ申告手続きを行ないます。詳細は履修案内を参照してください。

・履修確認画面公開
学事Webシステムの「登録済科目確認」から登録科目一覧画面を印刷し、内容を確認してください。この確認を怠り、エラー修正を所定期間に行わなかった場合、塾生本人の責任になりますので注意してください。

・履修エラー修正
エラー修正が必要な場合のみ申告手続きを行ないます。詳細は履修案内を参照してください。

【エラー】【確認】の説明

【エラー】について

以下は、登録状況欄に表示される主な文学部生宛てのエラーです。

【エラー】 【必修外国語科目単位不足】

必修外国語科目の単位が不足しています。

【エラー】 【進級条件26単位不足】

単位数が進級条件に達していません。26単位以上履修申告してください。
※英語を履修しない人は進級条件単位が28単位となります。

【エラー】 体育科目超過

体育科目(講義科目・体育実技)の合計単位数が4単位を超過しています。
4単位を超えて履修申告する場合は、自由科目としてB欄申告をしてください。

【エラー】 履修上限52単位超過

履修上限の52単位を超えています。
52単位以内で履修申告してください。


一般的なエラーは、以下に説明があります。

 学事Webシステム操作マニュアル 「履修エラーメッセージの詳細説明」
 

【確認】について

以下は、登録状況欄に表示される主な確認メッセージです。エラーではありませんが、登録した単位数を確認してください。

必修語学単位数(確認)

必修英語4単位、その他必修語学6単位という履修条件を満たしていますか?または、
必修英語4単位以上、その他の必修語学6単位以上履修申告していませんか?

必修英語単位数 =超過= (確認)

必修英語の単位が4単位を超えています。
もう一度確認してください。

必修●●語単位数 =超過= (確認)

必修●●語の単位が6単位を超えています。
もう一度確認してください。

総合教育科目単位数 少なめ (確認)

進級条件単位数は満たしていますが、申告単位数が少ないようです。
総単位数をもう一度確認してください。